» スキンケア » 正しいスキンケア

正しいスキンケア

乾燥肌の人の場合、毛穴が小さくかつ硬いので、ちょっとの皮脂でさえも目詰まりになり炎症をを起こしてしまいます。これはオイリー肌と同じくニキビができやすい環境なのです。さらに肌のバリア機能がそのものが低下していることから外部刺激に敏感で、肌トラブルが起きやすい状況でもあります。とにかくニキビを回避するためにも、正しいスキンケアして方がいいです。お肌を第一に考えるためにも、洗顔する際には髪の生え際などの見落としがちなところまで、すみずみまで洗い落としましょう。洗い流せたら、タオルを使い軽く乗せるように水気を拭き去ります。

万が一にも、強い力で拭いたりしないでちょーだいね。

当然、きれいなタオルを使用することが、見込まれています。

三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などにちらほら見られるようになってしまいました。

私の場合は原因がはっきりしていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。幼い我が子と雨降りの日以外は毎日仲良くおきに入りの公園に行ってました。子どもの身支度もするので、とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。でも、幾ら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。ここ2、3年前から母親は顔にできてしまったシミに悩み事がありました。そのシミのサイズは十円玉と同じくらいのサイズが一つ、少し小さいものが何カ所か両方の頬に散らばっていました。

1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」と聞き、さっそく毎食にできるだけ組み込んできました。

シミは薄くなっているという結果があらわれています。近頃、重曹をつかってニキビケアができると注目が集まっています。

重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができて、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌を傷つける場合もあるため、注意を払いながら試す必要があります。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。これらの危険な時期、スキンケアは細心の注意を払って行なっているワケですが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えてオイルの使用もはじめてみました。オイルも種類があって少しはまりそうなのですがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよくつかっています。お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、と言う事は勿論承知してはいるのですがつい、力をぐっとこめてクレンジング剤や洗顔料を使ったり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。

メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、優しく指の腹で行なうのがよいでしょう。兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、クルクル丸を描くように、というのが理想的なやり方ですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。

シミ、そばかすなどの肌の老化トラブルを少しでも目立たなくしたいと思い、美容液の中でもビタミンC誘導体が配合されたものを利用しています。洗顔して汚れを落とした後、指先に美容液を少し出して、そばかす、シミが出来てしまっ立ところに、軽くトントンとパッティングしながらなじませていくのです。一ヶ月ほど続け立ところシミとかそばかすが目立ちにくくなっ立と思えたので、すごく喜んでいます。それまでは気にならなかったのに、加齢が進むにつれて、気になりだすのが肌のシミです。

鏡を見る度に気になるシミの対策には、一度試していただきたいのが漢方です。漢方ではシミを直接的に治すというよりも代謝を上げる効果により、体の中のシミのモトが少なくなったり、シミの悩みを少なくしていきます。体の調子が良くなるので、シミには漢方で対策することで健康にもなれるかも知れません。肌を手入れするとき、乾燥シーズンはことさら注意しなければなりません。目の周りはもともと代謝が低いので要注意です。シワの元になる細かいヨレが出てきたり、体質によりは、ひどい痒みや目尻のただれを我慢している人もいます。乾燥防止の目薬をつかっている人もいるみたいですが、肌にも潤いを与えてあげてちょーだい。目のまわりのお手入れには、天然オイルを使うと良いみたいです。天然オイルにも鉱物系・植物系、精製・未精製といった種類がありますから、自分に合ったものを使用しましょう。