» メイク » 肌の手入れでシミを防ぐ

肌の手入れでシミを防ぐ

お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響で色素の沈着が生じることが要因となり、シミのせいで実年齢以上により上に年を取った印象をもたせています。

顔にできてしまうのは大変気になってしまうものですが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能といえますし、シミができてしまっても、消す方法があります。

30代から40代の女の方が悩む肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。両目の目じりの下の頬よりのあたりに好発する、まるでクマのようなシミのことです。女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)が肝斑に関与しているのではないかと考えられていて、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。目下、肝斑に効く飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、有名な化粧品会社や製薬会社から、飲み薬が開発され、売られています。

普通のシミ対策と同じ方法では、肝斑には太刀打ちできないでしょう。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、なんとかできるものなら、したいものです。

シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、もしも日焼けをしてしまったのなら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

女性の喫煙者の数は、男性に比べると減りが鈍いそうです。

肌の下では毛細血管による代謝が休みなく行われていますが喫煙すると血管が収縮するので、皮膚のような細い血管では血流が悪くなり、肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。表皮は普段バリア役として乾燥や刺激から肌を守っています。

その能力が落ちると真皮にダメージが届きやすく、肌の衰えが顕著になると、シワが隠しきれなくなってきます。

美容と健康のために、タバコは辞めておいたほうが良いでしょう。

太ると老けるなアト思ったので、雑誌で見たダイエット(ファスティング)して、ウエスト6cm減の目標を達成しました。そんなに急なダイエットではないし、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、デコルテから顔にかけてのシワが部分的にとても目立ってきたような気がするんです。せっかく痩せたのに、残念です。

きれいになるはずが、なぜこうなった?。

と思いますよね。

とりあえず普段は酵素を飲むくらいにとどめ、スキンケアを集中的にするつもりでいます。またダイエット出来るようになると良いのですが。肌の表面のなめらかさは、表面にある溝(皮溝)と盛り上がった部分(皮丘)の配置で決まります。日光に当たる部分と、当たらない部分の肌を比べてみましょう。

全然年齢が違って見えるのではないでしょうか。きれいな肌というのは皮膚の模様が小さく、きれいな三角形を描いている状態を言います。

一方、乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚はこの模様が大きくクッキリしています。肌を保護する表皮が低下すると、真皮へのダメージは不可避です。

土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、フェイスラインがくずれ、しわになるでしょう。

そうなる前のケアが大事でしょう。

四季の変化同様、年齢もごまかしが聴かず、確実にやってくるものだと実感します。快活に見える笑いジワなどは歳月と共にどうしても表れてくるものですが、他人が指摘するだいぶ前から本人は悩んでいるのです。

加齢で表皮が薄くなると急速に弾力性・保水性がなくなり、年輪が肌に残るようになります。いまは優れたUVケア製品が多いですが、昔はさほどカバーできていませんでした。

目の周りの皺や、頬のつっぱり皺が気になるという人は多いです。シミのできてしまったお肌って、いいものではありませんよね。日々のお肌のお手入れに、プラセンタ美容液の力を借りています。きれいに洗顔した後の素肌にしっかり浸透させてから、化粧水とか乳液などを使っています。

プラセンタ美容液にお世話になりはじめてからというもの、肌にぐっと透明感が出てきて、しつこいシミも薄くなってきたようです。一旦お肌に出来てしまったシミなどのトラブルは、簡単に消すことは難しいと数多くの人が考えているようですが、それはあくまでも、家庭のスキンケアに限ったお話といえます。

目たつシミは美容クリニックでレーザーを使う事で簡単に消すことが出来るのです。とはいっても、みなさんがご存知のように費用もかかりますし、治療後にもケアが必要になりますが、ずっとシミに悩んで気もちを落ち込ませるくらいなら施術を受けてみてもいいかもしれません。若いうちから肌にこだわる人は、中々いないかも知れません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いでしょうが、肌のケアをほぼ放棄して、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。肌にシワができる原因は肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌にとって大きな問題なのです。そういうことですから、ハリのある健康な肌をなるべく長くキープしたい場合は、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。